これだけは知っておきたい!読みやすい記事を書く為の4つの工夫


読みやすい記事を書く4つの工夫

ブログの読者を増やしたいなら読みやすい記事を書くという事を心がけましょう。

とにかく記事を読んでもらえなければリピーターにもなってもらえないからです。

 

まずは記事を読んでもらう事。

これを意識したブログ作りが大切なのです。

その為には読み手が読みやすいと感じる記事を作る必要があります。

読みやすい記事とはどういう記事なのかお話しますね。

スポンサーリンク

文字サイズ

文字が小さいブログはとても読み辛く感じます。

目を凝らさなければ見えないような文字ではどんなに良い事を書いても読んでもらえません。

 

文字は出来るだけ大きめに設定するのがおすすめす。

具体的には16px~17pxの大きさにしておきましょう。

このくらいの大きさの文字が最も読みやすいとされています。

 

文字の色と背景色

文字の色と背景色の関係も重要です。

例えば背景色が白ならば、文字の色は黒や濃いグレーが良いです。

背景色が白なのに薄い文字色(薄いピンクや薄いグリーンなど)だと文章が読めません。

 

背景色によって読みやすい文字の色は変わってきます。

そこを意識するようにしましょう。

 

リンク色

リンクの色は一般的に青色が多いです。

これはインターネットが普及した頃から変わってません。

 

「青色+下線」がリンクであると認識される事がほとんどなので、リンクはこれに合わせる形がベターです。

リンクに下線がある場合と無い場合とではクリック率も変わってきます。

「この文字はリンクなんだ。」と一目で解るように下線をいれておきましょうね。

 

逆にリンクじゃないのに下線があると読者は混乱してしまいます。

紛らわしい下線は使わないようにした方が読者にはやさしいですよね。

もし文章を目立たせたいなら下線では無くて色変えで対応しましょう。

 

空改行

空改行とは文と文の間にスペースを入れる為に使います。

今書かれているこの文章も空改行が入った作りにしています。

 

空改行は一文ごとに入れるようにしましょう。

空改行が無いとブログは本当に読み辛くなります。

適度な空改行を入れる事で長い文章でもスムーズに読んでもらえます。

 

空改行を入れていない記事は読まれない。

そう思ってもいいくらいですので、空改行は必ず入れておきましょう。

 

まとめ

いかがでしょう。

他にも読みやすい記事を作る為のテクニックは色々とありますが、最低限これだけは押さえるようにしておきましょうね。

是非今日から改善してみてください^^


スポンサーリンク