話題のSNS「tsu」をやってみた


tsu

今様々なニュースメディアやfacebookでも話題になっているSNS「tsu」。

話題の理由は、利用者(ユーザー)が広告収入を得られるという仕組みがある事。今までありそうで無かった仕組みです。

SNSとして利用しているだけで広告収入が増えれば利用者としても嬉しいですよね。

 

僕は先日ようやく参加してみました。

サービス自体英語だからハードルが高いように感じますが登録は5分もあれば簡単に出来ましたよ。

とりあえず、登録の流れと現状の見解をまとめたので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

まず登録するには紹介が必要です。tsuの登録は紹介からしか登録できないからです。

紹介者がいなければこちらから僕の紹介として登録する事も可能です。

 

上記のリンクをクリックすると以下の画面が現れます。

tsu_img_1

こちらの画面に必要項目を入力する事で登録が可能です。

登録の為の情報を設定しましょう

まずは以下の項目設定を行います。

  • Name
    名前・名字の順で入力すれば問題ありません。
  • Username
    URLに表示されるIDのようなものです。英数字で入力します。
  • Email
    登録するメールアドレスです。
  • Gender
    性別です。male(男性)とfemale(女性)を選択します。
  • BirthDate
    生年月日です。
  • Password
    ログイン用のパスワードです。

 

続いてプロフィールの設定です

プロフィールは後で設定する事も可能です。面倒な方はスキップできます。

  • Profile Picture
    tsuで利用する顔アイコンです。
  • Cover Picture
    自分のページの背景の設定です。
  • Bio
    自己紹介です。
  • Phone
    電話番号です。
  • Website
    所持しているウェブサイトです。僕はブログのURLを設定しました。
  • Reletionship Status
    独身や既婚の設定です。
  • Current Location
    住所の設定です。
  • Hometown
    出身地です。
  • Youtube Tumblr Pinterest
    各アカウントの設定です。

 

続いて、他のSNSとの連携設定です

これも右上のSkipボタンでスキップが可能です。

 

初期ユーザーのフォロー設定

ユーザーのフォローができます。

ランダムで表示されており僕の時は外国の方ばかりだったので迷わずスキップ(笑)

これも右上のSkipボタンでスキップが可能です。

 

メール認証

登録したメールアドレスにメールが届くので、メールに記載されているURLをクリックして登録完了です。

 

まとめ

最初に入力する項目以外は全て任意なので面倒な方はとりあえずスキップすると2、3分で登録できます。

tsuは最近始まったばかりのSNSで広告費がユーザーにも入るというので話題になりました。

このSNSが今後伸びていくか廃れていくかはまだ判りません。

 

しかしこういう話題になるサービスは最初に利用した人が得するよう出来ています。先行者メリットというやつですね^^

すぐに廃れるかもしれないけどもしかしたら化けるかもしれません。

どうせやるなら早めにやっておこう。そんな程度で僕も始めました。

 

今後tsuがfacebook並みに化ける事を期待しつつ様子を見てようと思います(笑)

まだ始めていない人は暇つぶし程度の気持ちでやっておくといいですよ。(既に利用していたら友達になりましょう^^)

⇒ tsuを始めてみる


スポンサーリンク