忙しいのに売上が増えない2つの原因とその対策



「忙しいのに売上が上がらない。」

そんな話を聞く事があります。

普通に考えたら、忙しかったら売上も上がってそうなのに何故か売上はよくないと言うらしい。

スポンサーリンク

 

こういう状態って精神的にもあまりよくないんですよね。

で、どうしてこの状態になっているのか判らないまま疲れだけが溜まっていくと仕事が辛くなります。

だから原因を知って対策をしなければならないのです。

 

忙しいのに売上が上がらない原因は2つ。

・安い単価で仕事を行っている

・無駄な作業をやっている

このどちらかなのです。

 

例えば、2時間の作業を3千円で対応している仕事の場合、一日で対応できる人数は4人程度。

3千円×4人=1万2千円

が一日の売上になります。

 

2時間の作業を1万円で対応している仕事の場合。

一万円×4人=4万円

が一日の売上になります。

 

この時点で売上が3倍以上違います。3倍って凄く大きいです。

3千円で対応していたら12人以上集客しなければ同等の売上になりません。

 

そもそも、一日で12人以上対応するのは不可能です。

新しいスタッフを雇うという事をしないと。

しかしそうすると人件費が追加で必要となるので結局利益は下がります。

 

だからこそ単価を上げなければならないのです。

こう言うと多くの人は、

「うちの商売は平均的にこの価格なのでこれ以上上げられません。」

「価格を上げると集客できなくなるのが怖いです。」

という事を言われます。

 

確かに価格を上げるというのは集客の低下に繋がると思われがちです。

ただ、僕が言いたいのは価格を上げる以上に価値を上げましょうという事。

 

価格を5千円アップするなら7千円分の価値を作り出して価値を上げる。

価格を一万円アップするなら1.5万円分の価値を作り出して価値を上げる。

こういう事です。

 

価値を変えずに価格だけを上げようとするからダメなんです。

そもそも価値を上げてしまえば価格のアップは価値相応のものとなります。

これは当たり前です^^

 

価格以上の価値を用意してあげるとお客様は喜んでくれるのです。

そうなれば価格が上がってもお客様は喜んで購入してくれますよ。


スポンサーリンク