ブログでクリックされやすいリンクの貼り方


クリックされやすいリンクの貼り方

あなたのブログにはリンク文字に下線(アンダーライン)を入れていますか?

下線は「この文字はリンクですよ」というサインでもあります。

 

もし下線がなかったらどの文字がリンクなのかパッと見で判断出来ませんよね。

いちいちマウスを合わせるか、クリックしてみるかしないと判りません。

これは読者さんにやさしくない形なのです。

スポンサーリンク

 

逆にリンクでもないのに下線を入れたりしていませんか?

リンクではない通常の文字に下線を入れていると、記事を読んだ方が

「あれ?クリックできない??」

と思ったり、

「リンクなのかリンクじゃないのか判らない。」

といった混乱が起こります。

これも読者さんにやさしくない形ですよね。

 

やさしくない形はクリックの確率を低下させます。

本当に見てもらいたいページへの誘導が出来ない(効率が下がる)のです。

 

「たったそれだけで!?」

そう感じる方もいるでしょうが、この違いが大きいのです。

 

こんな小さな事でもリンクをクリックされる確率が変わったりするんですよ。

不思議ですよね^^

 

でも少し考えてみてください。

実は集客できているブロガーや人気ブロガーと呼ばれる人のブログはこんな小さな事もしっかりとやっているのです。

読者さんにやさしいブログを作っているからこそ人気ブロガーになったり集客できたりしています。

できる人ほど基本に忠実です^^

 

それに、こんなの誰でも今すぐに出来る事です。

ただし、これを面倒と感じてやらなかったり、今までの自分のやり方と違うという理由でやらなかったりする人がいます。

それではアクセスの誘導も集客も難しくなります。

 

たとえ、0.1%でも確率が上がる事なら取り入れるべきなのです。

そういう小さな改善を10個行えば1%のクリック率が上がります。

小さな改善をコツコツと続ける事が集客に繋がる秘訣でもあるのです。


スポンサーリンク