意外と教えてもらえない、目標設定に必要な5つのルール


目標設定5つのルール

努力しているのに目標を達成できない人は目標設定の仕方に問題がある場合がほとんどです。

正しい目標設定の仕方を知る事で目標達成の確率を大幅に上げる事ができます。

今日は目標設定の仕方を5つの項目に分けて説明します。

スポンサーリンク

目標を達成させるコツは次の5つ。

  1. 目標は数字で設定する
  2. 頑張れば実現可能な目標を設定する
  3. ゴール(期限)を設定する
  4. 達成までの道のりをイメージする
  5. 達成時のご褒美を用意する

では、一つずつ説明していきますね。

 

1:目標は数字で設定する

目標って「達成できたか」「達成できていないか」を明確にしなければなりません。

物事を明確にするのには数字を使うのが一番なのです。

 

数字が入っていればどんな内容でも目標設定にできます。

・今月は毎日3記事ブログ記事を書く

・1年間、毎朝6時に起きてその日のスケジュールを設定する

・11月は売上100万円を目指す

など。

 

数字を入れる事で達成・未達成の判断が簡単に出来るようになります。

目標を決める時には必ず数字を入れるようにしましょう。

 

2:頑張れば実現可能な目標を設定する

何もしなくても勝手に達成できるような目標は目標とは言いません。

一般的な社会人が「毎日会社に行く」というのを目標にしても何も意味がありませんよね(笑)

 

目標とは、

このままでは達成できないかもしれないが、頑張れば達成できるような設定をするのが一番良いのです。

 

例えば、

毎月20万円の売上があるのなら、今月の売上目標を23万円にするといいでしょう。

 

逆に、

毎月20万円の売上で、今月は3倍の60万円を目標にするのは現実的ではありません。

現実的ではない目標設定は達成意欲が無くなり目標の意味を持たなくなってしまうのです。

 

目標は頑張れば実現可能な設定をするようにしましょう。

 

3:ゴール(期限)を設定する

目標を設定しても「どこまで頑張れば良いのかわからない」と努力を続ける事が難しくなります。

目標とはゴールがあるから頑張れるのです。

 

期限の無い目標は目標とは言えません。

したがって、ゴール(期限)を必ず設定するようにしましょう。

 

目標のゴールに関しても「1の項目」で説明した通り数字で設定しましょう。

これも達成・未達成を判りやすく判断する為となります。

 

4:達成までの道のりをイメージする

この項目が目標達成の大きな山場となります。

どうすればその目標を達成できるのかをイメージ出来なければなりません。

 

「達成までの道のりが全く想像つかない。」

という状態であれば目標設定自体を変更しなければなりません。

 

「こうすれば達成できるかも。」

「これを頑張れば達成できるかも。」

という可能性を探っていくのです。

 

ここで可能性のパターンをいくつも出す事が出来れば達成の確率は上がります。

パターンが見つかれば後は確率の最も高そうなものから実行していきましょう。

 

ちなみに、僕の場合は想定しうる全てのパターンを実行するとうい方法をとります。

その方が何倍も達成確率が上がるからです。

 

5:達成時のご褒美を用意する

これはおまけのようなものですが、自分へのご褒美もしっかりと用意しておきましょう。

このご褒美が原動力となる人も多いはずです。

 

自分に対してアメとムチを上手く使っていくのです。

ここで自分をコントロールする事で次の目標へのモチベーションもアップします。

 

目標とは達成した時点で終わりではありません。必ず次の目標が出てきます。

次の目標もまた頑張ろうと思えるのは、自分に対するご褒美があるからです。

こうやって自分自身を上手くセルフコントロールする事も目標達成には重要なのです。

 

まとめ

いかがでしょうか。

目標を立ててもなかなか達成できない人は、目標の立て方から見直してみましょう。

ここでご紹介した事を意識しながら目標を立てて、目標達成の喜びを味わいながら自身のステップアップにお役立てください。


スポンサーリンク