迷ってる時間は商売においてマイナスと捉えましょう



僕はよくこんなメールを頂きます。

「ワードプレスをしようかと迷っているのですが、始めた方が良いですか?」

スポンサーリンク

 

僕の答えは、

「本気で考えているなら早く始めた方が良いですよ。」

と言ってます。

 

迷う気持ちも解りますが、それ以上に行動しない事のリスクの方が大きいからです。

仮に、「本気ですか?」と聞いて、「あまり本気じゃないです。」と言う人はいません。ほぼ100%「本気です。」と答えます。

ただ、それでも実際に行動する人は圧倒的に少ないんですよね。

つまり僕から言わせれば「行動に繋がってない本気」は本気とは言わないのです(笑)

 

知らないからやれない。

判らないからやれない。

今は忙しいからやれない。

家庭の事情でやれない。

会社の事情でやれない。

やらない理由っていくらでも作れます。

それで自分自身を納得させる事も簡単です。

でもその選択をしてきた結果が今なのです。

 

今、満足のいく結果を出している人はその調子で行動していくと更に結果を作れます。

しかし今、満足できていないなら過去の考え方と過去の行動を見直して今後の行動を改善しなければなりません。

 

過去と違う行動をするからこそ未来が変わるのです。

この考え方は超大事ですよ^^

 

「やった方がいいかも。」と思える事は全部やる!

それくらいの気持ちと行動力がある人ほど成果を出せるんです。

 

迷ってる時間があるなら記事を書く。

考えてる時間があるなら一つでも改善する。

悩んでる時間があるなら新しい事にチャレンジする。

これらを普通にできるようになれば必ず成果を出せるようになりますよ。

少なくとも成果を出している人はこういう経験をしてきているのですから^^


スポンサーリンク