お客様視点でブログを書くとはどういう事なのか?



サロンでもカウンセラーでもコーチングでも全てに言える事ですが、お客様が必ず気になる事があります。

それは「自分がサービスを受けるとどうなるのか?」という事です。

スポンサーリンク

 

お客様は自分の事しか興味がありません。

だから自分がどうなれるのか、どうかわれるのか、という事に反応します。

 

よくある間違いとして、

「こんな凄いサービスやってます!」

とか

「こういう人をカウンセリングします!」

とか

「こんな事を教えます!」

と言ってサービス紹介をしているブログを見かけます。

 

これってサービス提供側の伝えたい事であって、お客様の知りたい事とは違うんです。

 

お客様が知りたい事は「自分がどうなれるか」という事。

これがお客様目線と言われるものなのです。

 

提供側が伝えたい事とお客様が知りたい事のギャップが大きければ大きいほど集客からは遠のいてしまいます。

お客様が知りたい事は難しい事ではありません。

「このサービスを受けるとこうなれますよー」というのをしっかりと伝えてあげれば良いのです。

そうすればそこに満足や期待をしたお客様が問い合わせをしてくれるようになるのです。


スポンサーリンク