見込み客を逃さない記事とは?


見込み客を逃さない記事

ブログにアクセスした人はまず何を見ると思いますか?

ヘッダー画像やグローバルメニューが目に入りますが、それらと同じくらい見られる部分があります。

それが「最新記事」なのです。

スポンサーリンク

 

特に初めてそのブログに訪問した一見さんは必ずと言っていい程最新記事を確認します。

検索エンジンから過去記事に直接アクセスされるという事はありますが、そうでない場合は最新記事を読まずに別の過去記事を読みに行くという事はまず無いと言っても過言ではありません。

 

という事は、最新記事に見込み客が興味を持つ内容を書いていないとお客様は去っていってしまう可能性が高くなるのです。

 

例えば、最新記事に「今日のご飯」という記事を書いていたとしましょう。

そして「何かに悩んだ見込み客」がたまたまブログにアクセスしてきました。

悩みを解決したいと考えている見込み客は「今日のご飯」という記事タイトルを見た時点でブログを閉じてしまいます。

こうやって知らず知らずの内に見込み客を逃してしまうのです。

 

ブログから集客が出来ないと悩んでいる方は大勢います。

しかし見込み客を逃してしまうようなブログの作り方をしている事に気付いていない人がほとんどです。

 

「とにかく記事を更新しましょう。」

こう言われるコンサルタントも多いですが、記事なら何でも良いわけではありません。

折角やってきた見込み客を逃してしまうような記事は極力書かない方が良かったりもします。

※たまに書くくらいが丁度いいです

 

毎日記事を更新している人であれば、一週間のうち1、2回程度であれば日記のような記事を書くと良いですね。

この割合が逆になると記事を読んでもらえる確率が減ってしまいます。

 

基本は見込み客が求めている情報を書きましょう。見込み客が知りたいと思っている情報を伝えましょう。

もっと詳しく知りたい、悩みを解決したい。この人に仕事をお願いしたい。

そう思ってもらう事で初めてブログから集客が出来るのです。


スポンサーリンク