ブログを継続させる為に、僕が実践している3つのモチベーション維持方法


チェック項目

一般的にブログを始めて1年後にブログを続けている人は30%と言われています。

2年後には10%。

そして3年後には3%という統計が出ています。

 

スポンサーリンク

2014年に100人がブログを始めたら2017年には3人しか続けていないという事です。

この統計を見るとブログを継続する事がどれほど大変かという事が判りますよね。

しかしブログとは続けなければ効果の出ないメディアです。

途中で止めてしまうという事はそれを理解していない人がとても多いという事です。

 

さて、どうしてこれ程続けられない人が多いのでしょうか?

原因は色々あるとは思いますが、こんな考え方を持つ事で少しでも長く続けられるようになりますよ。

 

1:ブログを書く事を生活の一部にする

「ブログを書く」という行為自体を生活の一部にしてしまいましょう。

朝起きたら顔を洗う。夜寝る前には歯磨きをする。夕食後にはブログを書く。

こんな感じです。

 

生活の一部にするには小さな事から始めるのが効果的です。

ブログで言えば、いきなり長文を書こう!と考えるのではなく、最初は一言でもいいからとにかく書く。

文章の質よりも、「書く」という行為を意識するのです。

 

最初から質を意識すると大抵書けなくなります。

簡単でもいいから必ず毎日書く。

こういう考え方で毎日続けていきましょう。

文章の質を意識するのは「書く」という行為に慣れてきてからで構いません。

 

生活リズムの中にブログを書くという行為を入れてしまい、それが普通の状態に持っていくのです。

人は慣れる生き物です。

最初は大変でも3ヶ月も続ければそれが生活の一部になっていきますよ。

 

2:長い目で「育てる」という意識を持つ

ブログは継続してこそ効果を発揮するメディアです。

今日何かをしたから明日成果が出るというものではありません。

コツコツと続ける事で少しずつ力が付いてくるのです。

ブログとは「育てるメディア」なのです。

 

日々の活動で一喜一憂する事は悪い事ではありませんがあまりおすすめはできません。

特にアクセス数には注意して下さい。

モチベーションが無くなってしまう一番の原因は「アクセス数が下がり続ける事」なのです。

今日アクセス数が劇的に上がっても明日から一週間アクセス数が下がり続ければ、それと同じだけモチベーションも下がってしまいます。

 

これはアクセス数に弄ばれている状態です。

確かにブログをやっているとアクセス数は気になります。

どれだけの人が記事を読んでくれているのか。何かコメントは残っていないか。

気になって毎日でもチェックしてしまいますよね。

 

しかしそこに意識が集中してしまうとモチベーションに影響が出てしまいます。

もっと大きな視点でブログ運営を続けるという考え方になっていればアクセスが下がっていてもさほど心配はありません。

 

アクセス数は上がる日もあれば下がる日もある。

仮に下がっても「そういうものだ。」と解っていればモチベーションに大きく影響する事もありません。

更に改善するという気持ちの方が優先されるのでまた頑張ろうという気持ちになっていきます。

そもそもすぐに結果が出るものではないという事を覚えておきましょう。

 

3:ブログ仲間を作る

ブログは一人で続けていくものですが、ブログから繋がった友達や仲間ができる事でモチベーションの維持に繋がります。

「周りも頑張っているのだから自分も頑張ろう。」

そんな刺激を受ける事もあるし、励まし合ったり相談し合ったりもできます。

 

気持ちを共有できる人がいる、共通の悩みがある。ブログ仲間がいるだけで自分自身の負荷が下がる事は間違いありません。

同じブログをやっている者同士、考える事や感じる事があるのです。

それを日々伝えあったり交流したりする事はとても大きな励みになります。

 

まとめ

いかがですか?

ブログを始めたけどモチベーションが下がってきている。

そんな悩みを持っている方はここで紹介した考え方を意識して今までのブログ運営を見直してみてはどうでしょうか。

 

今回紹介した方法は実際に僕が経験した事です。

僕も3年間ブログを運営していますが悩んだ時期や辛い時期もありました。

そんな時期を乗り越えたからこそ今があります。

あなたが今辛い時期に差し掛かっているなら今日の記事が参考になるはずです。

今までよりも気持ちや意識が少しでも変化すればまたブログを続ける事もできるようになりますよ。

 


スポンサーリンク