記事タイトルは具体的に表現すると効果的です



ブログの記事タイトルってどのようにして作っていますか?

記事タイトルの良し悪しでブログの読まれる確率って変わります。

だから記事タイトルは出来るだけ読者さんが興味を持つようなタイトルにしなければならないのです。

スポンサーリンク

 

例えば、カウンセラーさんの場合、

「朝からカウンセリングしてきました。」

というタイトルと、

「午前に一件行ったカウンセリングでは家庭での人間関係に関する悩みを解決しました。」

というタイトル。

どちらが読みたくなるか?という事です。

 

この場合だと後者の方が読まれるタイトルになるわけです。

「え!?なになに?」

と感じたり、

「それ知りたい!」

と感じるようなタイトルにすると興味を持ってもらえます。

もちろんカウンセラーに限らず、サロンやセラピスト、飲食店などでも同じ考え方です。

 

お客様(見込み客)が気になって知りたい事を記事タイトルで表現してあげる事が大切です。

記事タイトルで興味の度合いが変わります。

 

たかが記事タイトル。されど記事タイトル。

こんな小さな部分も気を付けながらコツコツ続ける事が人気ブログを作るコツでもあるのです。


スポンサーリンク