見るべきポイントを変えると行動が変わります



物事の解釈は人それぞれです。同じ結果を見ても人によって感じ方が違います。

1ヶ月間記事を書き続けた結果、

「読者が30人しか増えない。」

と感じる人と、

「読者が30人も増えた。」

と感じる人がいます。

スポンサーリンク

 

これはどちらの感じ方が正しいとか間違っているとかはありません。

大事なのは結果をどの角度から見て次の行動を決めていけるかという事なのです。

 

「30人しか増えない」

「30人も増えた」

これはどちらも個人の価値観で多い少ないの判断をしています。

30人が多いか少ないかだけを見ているのです。

 

しかし本来見なければいけないのはそこではありません。

本来見るべきポイントは、

  • 1ヵ月間記事を書くのに使った時間
  • その結果得られた効果

の2点です。

 

ようするに、どれだけの時間を使ってどれだけの結果を得られたかを見るべきなのです。

 

個人の感じ方ではなく、事実だけを見る事で次の対策が立てやすくなります。

1000人の読者増加を目指すならどれくらいの期間が掛かるかが判ります。

また、その期間を短くする為にはどうすれば良いのかが判ります。

 

結果に感情を左右されず、物事の本質を見るようにしましょう。

事実を正確に見れるようになると商売は確実にうまくいきますよ^^


スポンサーリンク