自分の中の常識や当たり前をそのままブログにすると失敗します



「自分の中の常識は他人の非常識。」

僕は常にこう考えています。

スポンサーリンク

 

人は自分が今置かれている環境の常識を他人も同じように知っていると思いがちです。

しかし多くの場合そうではありません。

 

例えば、僕が10年以上経験してきたIT業界の一般的な言葉を僕の同級生に使うと「?」となります。

僕らの世界では普通に当たり前に使用している言葉です。

一年目で最初に覚えるくらい基本的な言葉です。

 

それでも知らない人から見れば「専門書」に見えるのです。

僕からすれば専門書とは程遠い言葉でも専門書に見えてしまうのです。

 

自分がどんなに当たり前と思っていても人にとっては当たり前ではありません。

この感覚が頭で理解できるとブログに活かす事ができます。

 

ブログは相手に伝わりやすい言葉を選ばなければなりません。

でなければ読んでもらえないからです。

 

僕はIT業界の専門家なのに僕のブログの読者さんやメルマガ読者さんはIT初心者の方が非常に多いです。

それは初心者さんでもわかる言葉を選んでブログやメルマガを書いているからです。

 

もし業界用語ばかりの記事を書いていたら誰も読んでくれません。

だって横文字ばかりの記事なんて業界人じゃないと読んでも理解できないから。

読まれないのは当たり前なのです。

 

一人でも多くの人に記事を読んでもらいたいなら何もしらない小学生や中学生にも伝わる言葉を選んで使いましょう。

「自分の中の常識は他人の非常識。」

これを忘れないようにしましょうね^^


スポンサーリンク