読者が夢中(ファン)になるブログを作ってる人はこんな記事を書いている


読者が夢中(ファン)になるブログを作ってる人はこんな記事を書いている

ブログの記事を書く時に記事の内容を意識していますか?

記事は兎に角書けば良いってものでもありません。

ちゃんと内容を意識した記事を書かなければならないのです。

スポンサーリンク

例えば、1週間のうち日記的な記事は1回か2回くらいで十分なのです。

それよりも読者さんが知りたいと思う内容の記事を中心に書いている方が読者さんのリピートに繋がります。

 

これは「読者さんが何を知りたいと感じているのか」を知る事が大切です。

そして、見込み客となる人が興味を持つ記事を書いてブログのファンになってもらうのです。

 

基本は「自分が書きたい記事」や「書きやすい記事」を書くのではなく、「見込み客が知りたい記事」や「興味を持ってもらえる記事」を書く事。

これを意識して毎日記事を書いていくと少しずつ集客やお問い合わせに繋がったりもするんです。

 

ブログからの集客を増やしたいならこのスタンスが最も効果的。

これがブログのファンを増やす秘訣でもあります。

 

「でも見込み客が知りたい記事がどんな記事かわからない。」

そんな悩みもあるでしょう。

 

そんな時は実際に色々なパターンの記事を書いて読者さんの反応を見てみましょう。

コメントが多く付いたり、いいね!が多く押されるような記事は反応の良い記事だと言えます。

反応の良い記事を書くように意識していれば、それが見込み客が知りたい記事へとなっていくのです。

 

それでも、たまには日記記事を書くのもいいですよ^^

人間味が出る事でより親近感を感じてもらえるようにもなりますから。全てはバランスが重要というわけですね。


スポンサーリンク