アメブロカスタマイズは料金(価格)で選ぶと失敗します



アメブロカスタマイズは様々な企業や個人が請け負っています。

カスタマイズ内容自体はそれ程大きな差はないですが、カスタマイズ料金(価格)は業者によって結構変わってきます。

 

安いところだと2万円や3万円くらいから。

高いところだと10万円や15万円といった価格もあります。

探せば「無料でカスタマイズします!」なんてところもあるかもしれません。

どうしてこれほど料金に差が生まれるのでしょう?

スポンサーリンク

 

カスタマイズ料金(価格)に差が生まれる理由

まず、一番大きな理由はデザインには相場というものがあってないようなものなのです。

その為、料金が安いか高いかは買い手が判断するしかありません。

 

また、企業が請け負って下請けに流すか、個人(個人事業主)が請け負って自分で制作するかで価格も変わってきます。

個人が請け負う方が価格が安いという事が多いです。

 

企業が請け負う場合は人件費などの経費が多くなり、その分利益が少なくなります。

ある程度の数を大量に請け負って薄利多売で商売にするか、料金を高めに設定して利益を確保するしかありません。

 

アメブロカスタマイズで言うと大量に請け負うというのが難しいので料金を比較的高めに設定して利益を確保するというのが一般的な経営方法となります。

 

こういった理由からアメブロカスタマイズの料金や価格は差が大きなものになってしまうというわけです。

 

カスタマイズ料金(価格)で選ぶのは危険

最近特に僕の中で気を付けている事があります。

それは、

「悩む理由が値段なら買え、買う理由が値段なら止めておけ」

というフレーズ。

 

これはネット上で一時期流行った言葉のようなのですが、この言葉が「まさに!」と思っています。

 

どんなモノでも買う理由が値段ならそれは本当に必要なモノではないのかもしれない。

逆に自分にとって本当に必要なモノであれば値段で迷っても買った方が後々の後悔は少ない。

 

ようするに、料金や価格で迷った結果、買わないという選択をしているときっと後悔してしまうんですよね。しかも買ったことによる後悔より買わなかったことによる後悔の方が後悔の気持ちが強くなります。

 

少し話が逸れてしまったので元に戻しますが、カスタマイズ業者を選ぶ理由が料金や価格ならそれは止めた方が良いのです。

 

「無料だからお願いしよう!」と考えているなら尚更です。

「ただより高いものはない。」という言葉もありますが、無料には無料の理由があるのです。

無料セミナーなどに行くと大抵セミナー後に営業されて高額商品を売られるのと同じですね。

 

では何を基準に依頼先を選べばいいのか。

僕の考えをお教えします。

 

アメブロカスタマイズの依頼先を決める時のポイント

上記の理由からアメブロカスタマイズは料金や価格で選ぶものではありません。依頼先を決める時のポイントは以下の3点。

・実績

・お客様の感想

・どんな人(誰)が作ってくれるのか

 

これが最も重要なのです。

 

実績はその業者がどれだけアメブロの事を熟知しているか?

どれだけのカスタマイズをこれまでやってきたか?

そしてお客様にどれだけ喜んで頂いているか?

といった実績です。

 

実績はホームページや実績一覧などを見ると大抵載ってます。

お客様の感想も実績と一緒に掲載されている事が多いです。

 

そして、一番判りにくいのがどんな人が作ってくれるのか。という部分です。

 

実際、企業で請け負う場合は制作担当者とやり取りする事はまずありません。窓口を通してメールでやり取りをする場合がほとんどです。

だから実際に制作してくれる人の感性やセンス、好みなどもあまり判らないのです。

 

少しでも知りたい場合は、その業者が運営しているブログを見るのが良いでしょう。ブログに書かれている情報を読んでいるとその人の「人となり」が見えてきます。

 

どんな人がどんな事を考えてどういう気持ちで仕事に取り組んでいるのか。

そんな事が見えてくるのです。

 

「この人にお願いしたらしっかり作ってくれそう!」

そう感じた時には迷わず依頼するのが良いでしょう。

これがアメブロカスタマイズを依頼する時の一番のポイントと言えます。

 

料金や価格は自分への先行投資と考える

料金や価格を一番に考えるとろくな結果になりません。

それよりも大切なのは自分にとって価値あるモノを提供してくれるのかどうかという一点なのです。

その為に支払うお金は自分への先行投資と考えましょう。そうすれば価格の違いで迷う気持ちもなくなってきます。

 

何のためにアメブロカスタマイズを依頼するのか。

自分の未来の為にも納得した形で依頼先を選ぶようにしましょうね。


スポンサーリンク